度々、旅に出る

旅行が趣味で海外を中心に年に数回は旅行に行ける様に頑張ってます。去年はイタリア・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア、今年は上海・イギリス・タイ・ミャンマー・ベトナムに行ったり行こうとしたりしています。自分が下調べをしたときにガイドブックやネットに載っていなかったりわかりづらかったことを中心に綴っていますので、旅程作りのお役に立てれば嬉しいです。

イギリスのおみやげはここで揃う『M&S』

こんにちはっ。

イギリスのお土産と言えば、何を思い浮かべますか?

紅茶にショートブレッドにチョコレート、スコッチ、ジン等、魅力的なものが沢山ありますよね?

そんな魅惑の国でハロッズやフォートナム&メイソンの様な有名なお店でお土産を揃えるのも良いのですが、恐らくそこそこの出費になると思います。

そんなときにリーズナブルで気の利いたお土産を見つけることができるのがマークス&スペンサーMarks&Spencerです。

滞在中、最寄りのM&Sに何度もお世話になったし、お土産の9割程をここで揃えたのでまとめてみました。

参考になれば幸いです。

 

f:id:tabitabitravel:20190524212535j:plain

 

 

 

 

概略-Overview-

M&Sは全世界でフランチャイズを含め1000店舗以上を運営するマンモス企業。

創業130年を超える歴史ある老舗企業でもある同社は小売りがメインで衣料品を主力に日用雑貨や食料品を取り扱っており、多くの商品で自社のプライベートブランドを展開しているのが特徴です。

今回、ご紹介するのは食料品のプライベートブランドです。

お土産、特にお菓子となると個包装を好む我々日本人。。

この感覚は世界から見ると特殊な様で、逆に個包装=過剰包装=環境への配慮が無いと考える国もあるくらい。(ドイツなんかそーですよね)

しかしながらこのM&Sは気が利いた個包装のお土産のラインナップがいくつもあり、しかもリーズナブルなんです。

 

f:id:tabitabitravel:20190524214415j:plain

 

 

注意点-Inportant-

イギリスに滞在すれば余程、人の住まないようなエリアに行かない限り、多くの場所でM&Sのロゴを目にすると思います。

ロンドンの中心部では各駅ごとにあると思って間違いありません。

ただし、お店によって多少取り扱う商品が異なりますのでご注意ください。

駅中にある小さめのお店では日本でいうコンビニの様な品揃えでショッピングモールの中にある大規模店ではお土産や食料品の比重が大きくなります。

おみやげを探すなら後者に行くべきでしょう。

 

アクセス-Access-

今回はおみやげを探すならってことでマーブルアーチ店の情報を。。

建物丸ごとM&Sとなっていて食料品やお土産は地下にありますよ。

 

住所 458 Oxford St,Marble Arch,London W1C 1AP

営業時間 9:00~22:00(月~金)、10:00~18:00(日)

 

 

 

 

 

まとめ-Summary-

おみやげ選びって中々、考えてしまいますよね?

私の場合、旅行に行く=同僚へ仕事を丸投げするってことになるので、迷惑をかけた同僚には少し良さげなお土産を買うことで毎回、許してもらっています。

とはいえ、4~5回/年も旅行に行くので買わなきゃなおみやげの量もなかなかなもの。

そんなとき、こういったスーパーの出番です。

街中のおみやげ屋さんや高級なブランドのお店で良いなと思ったら、一旦、堪えてこのM&Sを覗いてみてください。

きっと、同等品が1/3くらいの価格で売っているのを見つけることができるはず。。

 

それでは、最後に写真を貼っておきますので良かったらどーぞっ。。


あなたの旅が豊かでありますよーにっ。。。

 

f:id:tabitabitravel:20190524221939j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524221945j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524221951j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524221957j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222006j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222014j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222021j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222028j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222035j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222042j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222048j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222057j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222104j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222113j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222120j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222127j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222134j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222141j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222149j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222201j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222216j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222224j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222234j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222246j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222255j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222304j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222314j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222323j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222341j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222351j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222400j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222411j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222419j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222429j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222439j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222500j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222515j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222526j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222544j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222558j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222611j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222631j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222644j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222654j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222706j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222729j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222740j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222750j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222802j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222812j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222824j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222833j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222847j:plain

f:id:tabitabitravel:20190524222855j:plain