度々、旅に出る

旅行が趣味で海外を中心に年に数回は旅行に行ける様に頑張ってます。去年はイタリア・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア、今年は上海・イギリス・タイ・ミャンマー・ベトナムに行ったり行こうとしたりしています。自分が下調べをしたときにガイドブックやネットに載っていなかったりわかりづらかったことを中心に綴っていますので、旅程作りのお役に立てれば嬉しいです。

インディゴエディンバラプリンセスストリート

こんにちはっ。。

 

エディンバラに行ったときに泊まっていたホテルの内装に趣きがあって印象に残っているのでシェアさせて貰います。

物価高い国だとホテル代もなかなかのものですが、そんな中でもこのホテルはこじんまりしててお手頃でしたよ。

 

f:id:tabitabitravel:20190511210141j:plain

入口入ってすぐの階段

 

 

 

 

概略-Overview-

エディンバラは小さな街なので宿泊できる場所が限られます。

ただ、☆のいっぱいついたホテルを見るとさすが英国な価格設定となっているため、安くはしたいけどホテルが良いってわがままな我が家ではこのホテルを選びました。

ウェイバリー駅からも近く、スーパーも近くにあったので、良き。

ただ、ロイヤルマイルまで少し距離があって、10分くらい歩かなければならないのが観光客には少し辛いところ・・・。

 

f:id:tabitabitravel:20190511213102j:plain

レストラン

 アクセス-Access-

 

住所:51-59 York Pl, Edinburgh EH1 3JD 

 

 

 

費用-Cost-

泊まったのは、2019年の4/11、12の平日2泊。

スタンダードタイプの1ベッド+朝食つき。

ホテルズドットコムで37,022円

f:id:tabitabitravel:20190511214711j:plain

室内

注意点-Inportant-

建物が小さいし居室数も少ないのですが、部屋に行くまでの通路が複雑です。

増改築なのか、非効率な廊下が続きます。

部屋によっては迷ってしまうかも知れませんのでご注意を。。。

f:id:tabitabitravel:20190511215215j:plain

 

まとめ-Summary-

壁いっぱいに沢山の絵や写真が飾ってあったり、階段を含めた床全部がカーペットだったり、クラシカルなインテリアの部屋抜けると白いアトリウムの受付があったり、うまく言葉にできませんが、バラバラなものが一体となっている感じがとても印象的でした。

最後にいくつか写真を貼っておきますので是非、見てってください。

 


あなたの旅が豊かでありますよーにっ。。。

f:id:tabitabitravel:20190511220154j:plain

フルブレックファースト

f:id:tabitabitravel:20190511220220j:plain

ウェイバリー駅を見下ろしながら

f:id:tabitabitravel:20190511220241j:plain

いくつかの中から選べる朝食

f:id:tabitabitravel:20190511220305j:plain

f:id:tabitabitravel:20190511220318j:plain

f:id:tabitabitravel:20190511220335j:plain

f:id:tabitabitravel:20190511220354j:plain

f:id:tabitabitravel:20190511220405j:plain

f:id:tabitabitravel:20190511220418j:plain

f:id:tabitabitravel:20190511220437j:plain

f:id:tabitabitravel:20190511220735j:plain

f:id:tabitabitravel:20190511220744j:plain