度々、旅に出る

旅行が趣味で海外を中心に年に数回は旅行に行ける様に頑張ってます。去年はイタリア・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア、今年は上海・イギリス・タイ・ミャンマー・ベトナムに行ったり行こうとしたりしています。自分が下調べをしたときにガイドブックやネットに載っていなかったりわかりづらかったことを中心に綴っていますので、旅程作りのお役に立てれば嬉しいです。

空港からトラムに乗ろう『エディンバラ空港』

こんにちはっ。。

スコットランドの首都エディンバラ、世界遺産に登録されている旧市街と新市街の趣きのある街並みは眺めるだけでも満足できますがそれらの中にはいくつもの名所がちりばめられています。

今回はそんなスコットランドの玄関口、エディンバラ空港からトラムに乗って市内中心部へと向かいました。

まとめてみましたので参考になれば嬉しいです。

 

f:id:tabitabitravel:20190421224951j:plain

 

 

 

 

 

概略-Overview-

エディンバラ空港から市内まではバスでも行くことが可能ですが、せっかくなので今回はトラムに乗ってみることにします。

その名も『Edinburgh Trams』。。まんまかーい。。

 

エディンバラ空港から乗換なし、中心部まで30分程でアクセスしています。

※上の写真の文字通りに進んで行くと『H』の先に券売機が並んでいるのですぐわかります。

 

f:id:tabitabitravel:20190421225557j:plain

 

 


費用-Cost-

Zoneの区分けがあります。空港駅の『Airport Zoon』とそれ以外の駅の含まれる『City Zoon』です。この区分により、金額が異なります。

 

f:id:tabitabitravel:20190421231150j:plain

 

また、乗車券にはいくつかの種類があります。

『Single Ticket』 6ポンド:片道券

『Return Ticket』  8.5ポンド:往復券

『Day Ticke』 3.5~9ポンド:エディンバラの多くのエリアを網羅するロジアンバスも1日乗り放題になる券、購入の時間やZoonの制限有無で3種類あり。

『Famiry Day Ticket』 8.5ポンド:上の1日乗り放題が家族で使える券(大人2人&~15才の子供3人まで可、City Zoonのみ)

 

 購入方法-Buy your Ticket-

まずは、券売機をタッチ。

乗車券の種類を選び人数、駅を選び支払いをするだけ。

クレジットカードも使用可です。

 

f:id:tabitabitravel:20190421234839j:plain

 

 

注意点-Inportant-

・乗車券を購入したら30分以内に乗車しなければなりません。

・乗車後、検札があるので乗車券をすぐ出せる様に用意しておきましょう。

 

まとめ-Summary-

2014年に開通したばかりの新しい車体にはスーツケースを載せるラックがあったり、Wi-Fiが使えたり便利です。

券売機での購入の際には迷うことはありませんでしたが、もしわかりづらい様であれば近くの職員さんに聞いてみましょう。

最後に少しだけ写真を貼っておきますので良かったらどーぞどーぞ。。

 


あなたの旅が豊かでありますよーにっ。。。

 

f:id:tabitabitravel:20190422195840j:plain

f:id:tabitabitravel:20190422195851j:plain

f:id:tabitabitravel:20190422195859j:plain

f:id:tabitabitravel:20190422195908j:plain

f:id:tabitabitravel:20190422195919j:plain

f:id:tabitabitravel:20190422195928j:plain

 

f:id:tabitabitravel:20190422195949j:plain

 

f:id:tabitabitravel:20190422200003j:plain

f:id:tabitabitravel:20190422200011j:plain

f:id:tabitabitravel:20190422200020j:plain