度々、旅に出る

旅行が趣味で海外を中心に年に数回は旅行に行ける様に頑張ってます。去年はイタリア・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア、今年は上海・イギリス・タイ・ミャンマー・ベトナムに行ったり行こうとしたりしています。自分が下調べをしたときにガイドブックやネットに載っていなかったりわかりづらかったことを中心に綴っていますので、旅程作りのお役に立てれば嬉しいです。

費用まとめ『イギリス』

こんにちは、先日、ロンドン⇒エディンバラ⇒グラスゴーに行ってきましたので、掛かった費用をまとめてみました。

航空券代+宿泊費+現地での交通費やお小遣いを全て含めて1人当たり190,000円程&特典航空券代でしたので、ヨーロッパにしては安く抑えられたのではないかと思います。

参考になれば幸いです。

 

f:id:tabitabitravel:20190420190155j:plain

 

 

 

 

 

概略-Overview-

夫婦2人で6泊8日の旅程。

羽田⇒ヒースローで乗り継ぎ⇒エディンバラ⇒電車でグラスゴー⇒ルートン⇒地下鉄でヒースロー⇒羽田ってな感じです。

2019/4/11~4/18の間、東京は春らしい暖かな日が徐々に増え、桜が散り始めた頃、ハギスやスコッチエッグ、ビールにウィスキー、フィッシュ&チップスを堪能しに、レッツゴー。

GWを目前に長期休暇を取得したため社内での視線が刺さる様に自分に向けられることになろうとはこの時はまだ知る由もありません。。。(笑)

 

f:id:tabitabitravel:20190420185849j:plain

 

今回はマイルを使って羽田⇔ヒースローをANAのビジネス、ヒースロー⇒エディンバラは英国LCCのFlybe、グラスゴー⇒ルートンは同じく英国LCC、Easyjetのフライトを利用。エディンバラ⇒グラスゴー及びルートン⇒ヒースローは電車&地下鉄利用です。

 

f:id:tabitabitravel:20190421145150j:plain

Easyjet

宿泊はB&Bやユースホステルでは無いけどもお財布に優しめなホテルを選びました。

エディンバラ 2泊:Hotel Indigo Edinburgh 

グラスゴー  1泊:Grand Central Hotel Grasgow

ロンドン   3泊:Thistle Piccadilly Hotel London

 

f:id:tabitabitravel:20190421151357j:plain

ホテルの階段Edinburgh

現地でのバスや地下鉄の利用や食事、お土産を含めた全てをお小遣いとして記載していきます。マーケットにある露店も含めほとんどのお店でクレジットカードが使えますので、現金は80ポンドしか使っていません。

 

f:id:tabitabitravel:20190421152538j:plain

露店でも基本カードOK

 

費用-Cost-

 

総額:372,490円

※全て2人分ですので1人分の算出は1/2してくださいね。

 

航空券代:141,139円※別途160,000マイル

 

羽田⇔ロンドンヒースロー     108,780円

ロンドンヒースロー⇒エディンバラ 21,459円

エディンバラ⇒ロンドンルートン  10,900円

 

ホテル代:141,242円

 

2泊朝食あり:Hotel Indigo Edinburgh     37,022円

1泊朝食なし:Grand Central Hotel Grasgow  18,444円

3泊朝食なし:Thistle Piccadilly Hotel London   85,776円

 

 

バスや電車代、食事やお土産等のお小遣い:90,109円

 

 現地での移動や食事、お土産に使った分です。

高級なレストランにはあまり行かずパブにがっつり行きました。

また、タクシーは利用せず、電車やバスで移動しました。

 

注意点-Inportant-

今回は羽田⇔ヒースローの航空券代が無いものの予約時に今より(2019/4)燃油が2ランク程高かったこととビジネスクラスだったためイギリスの空港に支払う旅客サービス料と航空旅客税だけで61,240円(2人分)掛かっていたので次回はアムステルダムやフランクフルトを経由するフライト等を検討してTax関連を少しでも抑えたいですね。

イギリスの空港利用時に支払う税等は各国の群を抜いて高額、ビジネスクラス以上での利用だとさらにさらに高額ですので旅行先として検討される際にはご注意くださいね。


まとめ-Summary-

今回、掛かった費用は186,245円/1人でした。

11時間のフライトや高額な空港利用税、安くは無い物価等ネガティブな部分も少なからずありますが、それを差し引いても余りある魅力が沢山詰まった国イギリス。

個人的にはパブの文化と親切な人の多さに感動しました。

大英博物館も回りきれていないし、ビックベンに足場掛かってたし、馬に乗ったガードをもっと近くで見たいし、行けてないパブも沢山あるし、またリベンジするつもりです。

最後に少しだけ写真貼っておきますので良かったらご覧ください。

 

あなたの旅が豊かでありますよーにっ。。。

 

f:id:tabitabitravel:20190421164214j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164231j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164240j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164248j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164255j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164302j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164312j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164320j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164331j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164340j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164353j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164404j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164421j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164430j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164441j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164453j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164523j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164542j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164555j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164604j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164615j:plain

f:id:tabitabitravel:20190421164625j:plain