度々、旅に出る

旅行が趣味で海外を中心に年に数回は旅行に行ける様に頑張ってます。去年はイタリア・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア、今年は上海・イギリス・タイ・ミャンマー・ベトナムに行ったり行こうとしたりしています。自分が下調べをしたときにガイドブックやネットに載っていなかったりわかりづらかったことを中心に綴っていますので、旅程作りのお役に立てれば嬉しいです。

アジアでこそ役立つ『プライオリティパス』

こんにちはっ。。

私は旅行が好きなので、飛行機にも良く乗ります。

何なら実家に帰るのにも飛行機に乗らなければなりません。

国内線ならまだしも国際線となると搭乗まで2時間は余裕をもって空港に行かなければならないので、その待ち時間をどう過ごすかがその旅が楽しいものになるかどうかを決めるほど重要なことだと考えています。

色々考えた結果、プライオリティパスで利用するラウンジで過ごすのが最も良いとの結果に至りそれを実践しています。サービスをお金に換算するのは難しいですが、もし年に2~3回以上、空港を利用する機会があるのであればプライオリティパスを持つべきです。その2~3回の中にアジアの国々の空港が含まれているのであればなおさらです。今回はプライオリティパスについてまとめてみたのでフライト前の時間を『潰す』⇒『楽しむ』へ変えるきかっけになれば幸いです。

 

 マレーシアのラウンジ↓↓↓

www.tabitabi-travel.fun

 

f:id:tabitabitravel:20190309155422j:plain

上海浦東空港のラウンジ

 

概略-Overview-

空港のレストランは決して安い金額で時間を潰させてくれませんし、各航空会社が用意するラウンジを利用するにもその航空会社を利用しない場合には立ち入ることができません。航空券を選ぶ基準が価格重視な私にとってラウンジなんて夢のまた夢・・・。(※最近ではLCCのラウンジもちらほらですがやはりFSCとは比較になりません。。)

そんなときにプライオリティパスで利用可能なラウンジがとても重宝しています。

特にアジア各国の空港にあるプライオリティパスで利用できるラウンジは各航空会社が用意するラウンジと兼用となっているところも多いので、LCCでもプライオリティパスの効力を最大限に活用することができます。

 旅行やビジネスと相性の良いプライオリティパスですが、問題はどうやって入手するか?もっと言えばいくらで保有するか?が大切ですよね?

結果から言うとクレジットカードに付帯してくるものが最も効率的です。

必要な枚数に応じて以下の2つのどちらかを選べば問題なしです。

 

f:id:tabitabitravel:20190316122012j:plain

 

 

 

www.tabitabi-travel.fun

 

楽天プレミアムカード

⇒プライオリティパス1人分の場合

プライオリティパスの発行が1枚だけで良い場合、楽天プレミアムカードに申し込み特典として手に入れる方法が最も安価です。

 

www.rakuten-card.co.jp

 

 

≪年会費≫

10,000円/税

 

≪特典≫

プライオリティパスを無料で申し込み可能

楽天系のサービス利用時の獲得ポイントが最大5倍

入会時に7,000ポイント貰え、さらに利用に応じて最大7,000ポイント獲得可能

海外旅行保険付帯(※日本出国前の交通費等の決済に使用することが条件)

自宅⇔空港間でスーツケースの配送サービスを無料で利用可能(※1個まで)

レンタカーやWi-Fi、空港でのコート預かりサービス等の割引

 ...etc

 

 

 

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

⇒プライオリティパス2人分~の場合

プライオリティパスを2枚以上、手に入れたい場合、こちらのアメックスブランドの方が上位のサービスを受けることが可能です。家族カードを1枚申し込めば、1枚あたりの保有コストは同じなのでおススメです。

また、3枚目以降は3,000円で家族カードを作れますので、さらにコストが下がります。

www.cr.mufg.jp

 

≪年会費≫

20,000円/税

※家族カード1枚目は無料、2枚目以降は3,000円/税

 

≪特典≫

プライオリティパスを無料で申し込み可能

プラチナ・コンシェルジュを無料で利用可能

海外旅行保険自動付帯

自宅⇔空港間でスーツケースの配送サービスを無料で利用可能(※1個まで)

空港でのコートの預かりサービスを無料で利用可能

レンタカーやWi-Fi、レストランやスパサービス等の割引

  ...etc

 

注意点-Inportant-

 

個人的にはコートの預かりサービスとコンシェルジュサービスがとても重宝していますし、空港からご自宅まで距離のある方にとってはスーツケースの配送等は役立つサービスかと思いますが既にお持ちのカードと重複するサービスが含まれていればその分価値が下がってしまいますので、事前に確認をしてご自身のライフスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

 

まとめ-Summary-

上記の2つのクレジットカードにはどちらもプレステージのプライオリティパスが付帯されています。

通常通りにプライオリティパスを申し込むと$429の年会費が必要なので、5万円弱は必要です。それを考えれば安い物。。。

私はラウンジを活用する様になってから待ち時間を楽しむ様になって、旅自体の価値も格段に向上しました。

あまりお金を掛けたくないけど、全部我慢するのはつらいものです。。

そんなときにラウンジを利用してみてはいかがでしょうか?

 

それではっ。。。

 

あなたの旅が豊かでありますよーにっ。。。