度々、旅に出る

旅行が趣味で海外を中心に年に数回は旅行に行ける様に頑張ってます。去年はイタリア・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア、今年は上海・イギリス・タイ・ミャンマー・ベトナムに行ったり行こうとしたりしています。自分が下調べをしたときにガイドブックやネットに載っていなかったりわかりづらかったことを中心に綴っていますので、旅程作りのお役に立てれば嬉しいです。

費用まとめ『タイ』

 

tabitabitravel.hatenablog.com

 

最後にまとめとして今回のバンコク旅行で掛かった費用を書いていきたいと思います。

 

期間:2018/8/12~8/15

航空券:エアアジアX(成田~ドンムアン)                      往復×2名分     50,300円

バス :空港までの高速バス(鍛冶橋~成田~銀座)    往復×2名分         4,800円

ホテル: PULLMAN BANGKOK GRANDE SUKHUMVIT  2泊×2名分       27,000円

小遣い:飲食費1.5万円+交通費1万円+お土産他0.5万円   2日間×2名分       30,000円

 

合計                                     112,100円

※小遣いはタイバーツ×3倍=日本円でざっくり算出

 

 

航空券はお盆の真っ只中なので安い時期と比較するとさすがに1万円程、割高となっております。

空港バスは事前予約の-100円はいつ乗っても同じなので、こんなもん。

ホテルは朝食付きでこの価格ですが、そこまでのグレードが必要ない場合は大幅に削減可能。特にバックパッカーの聖地カオサン辺りにはホステルも多くありますので、選び方によっては半分もしくは1/3程度、抑えることができますね。

小遣いは3万円分をバーツに両替してほぼ使い切りました。

その内、食費はレストランや屋台での料理やドリンク類とコンビニのお菓子や水等ですが、屋台やフードコートはもちろん、それなりの高級店も含む行きたいところに行きまくってこのくらいの金額です。ちなみに私は常にビール、相方は炭酸水。

交通費はBTSやMRTの鉄道系とタクシーですが、正直、安いことに甘えてタクシー&ハイウェイを使いまくってこの金額。

お土産は、DEAN&DELUCAのバンコクVerトートバッグを2つ購入して1,190バーツ(3,570円くらい)なのが今回の最も効果な買い物でしたね。あとはこまごまとしたものを購入。

 

バンコクは物価の違いがあるので、航空券さえ上手に取れれば良いホテル、おいしい料理、綺麗な景色を堪能することが可能です。

7時間程、飛行機の中なのは慣れて貰うしかありませんがそれを差し引いたとしても、十分に魅力ある時間を過ごすことができます。

もし、あなたが4日間、休みが取れそうであればタイを訪れてみてはいかがでしょうか?